女性の心と体を守る情報なび
10代〜20代の女性のみなさんへ。恋人とよい関係を築くために、避妊や性暴力に関する正しい知識を身につけましょう。

知っておきたい性知識

いつまでもふたり一緒にいたいと思っていませんか?
仲良しのままふたりの関係が続けられるヒントを知っておきましょう。


デートDVについて

彼氏との交際が始まったけれど、彼氏は女子から人気で私は不安がいっぱいです。
彼氏の携帯に私以外の女子のアドレスが入っていると、私は彼氏のいない間に消しています。
でもこの前、友達からそういうことはデートDVになるんだって言われちゃって・・・
私はもしかしたら加害者なのかな?デートDVについて教えてください。
(20歳・大学生)

結婚していない恋人同士、学生や若い世代で起こる暴力を「デートDV」と呼びます。
殴る・けるなどの身体的暴力だけが「デートDV」ではありません。
「デートDV」には身体暴力や性的暴力、精神的暴力があります。
例えば、貸したお金を返してもらえない(経済的暴力)、
セックスを強要されたり、避妊に協力してもらえない(性的暴力)、
携帯を勝手に見る、友人関係を制限する(精神的暴力)も「デートDV」にあてはまります。

大好きな相手のことが気になるのはしょうがないことだけど、
このまま友人関係を制限していると、彼から別れ話が出てしまいますよ。

相手とこれからも仲良くするためには、彼を責めずに気持ちを言葉にしていくことです。
そして、意見が違っても認め合い、相手に断られても受け入れることです。
「一緒にいると落ち着くな」って思える関係を、これから考えてみてくださいね。

>>あなたと彼はよい関係を築けてる?デートDV診断

(回答:看護学校助産科講師)

参考サイト


性情報リテラシーについて

彼氏からAVの女優さんのようなことをするように言われるけど、私はできない。
私がおかしいのかな?
(17歳・高校生)

セックスに関する男性の情報源は雑誌やDVDなどのHメディアが6割で、
女性の情報源は友達との情報交換が6割といわれています。
女性のHメディア利用は3割だから、AVの世界が当たり前と思っているのは男性だけ。

また性情報の中には、「交際後2週間もHがないのはおかしい」なんて意見もありますが、
それが本当かどうかはわかりません。

ふたりの関係でも「いや」と言えることは大切です。
性情報の嘘を読み解く目は必要です。

「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」という、
一見何かの呪文のような人権擁護の言葉があります。
「性と生殖に関する健康と権利」と日本語では訳されていて、
妊娠・出産・避妊などについて女性自らが決定権を持ちましょうという考え方です。

私の心とからだは、私のもの。
この世でたった一つの大切な私の心とからだは、誰のものでもありません。
恋人だから我慢するのではなく、よりよい関係を作るために「ノー」をいうことも大切です。
(回答:看護学校助産科講師)

参考サイト




[HOME]
[メール相談]
運営:NPO法人 女性ヘルプネットワーク
TEL:093-541-5805
Copyright © 2013 女性の心と体を守る情報なび AllRight Reserved,
2012年度ファイザープログラム〜心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援助成事業